学習の作法について

先日、学習の作法について書いた。

以前、家庭教師をしていたことがあり、
その際の生徒の弟をみることになり、今年の始めから見ている。

ちょっと特殊な受験をする子で、
中央競馬の騎手になるための学校へ行くのだという。

一次試験が夏にあり、
学科試験と面接。

それにパスした生徒が
二次試験へ。
そこで体育実技試験を受けるのだという。

ボクは競馬には全く詳しくないのだが、
騎手になるためには

身長と体重

が大きな位置を占めるのだとか。
中学3年生の段階で骨格が「できあがって」しまっていると、
騎手にはなれない。
試験をすら受けさせてもらえないのだとか。


【送料無料】学習の作法

【送料無料】学習の作法
価格:1,575円(税込、送料別)



more...

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

・・・泣いてしまいました

・・・泣いてしまいました。


本日、3コマの授業でした。初めということもあり、各学年、かなり気合いを入れて解説したのですが、カリキュラムどうり進まず・・・生徒は寝だすし、私語は増えてくるし・・・見直しをはからないといけないかな、とも思いました。小6はまだ良かったのですが、中三の二クラスが・・・


同僚の先生に相談してみると、


学校よりも進んでいればいいですよ。
極端な話、一回読むくらいで考えておいてもいいですよ。
はっきり言うて、生徒は覚えてないですから。
各回、1ポイントでいいですよ。


・・・おおいにうなずけるところもありながら、けれど自分の信念を曲げることに抵抗を感じ・・・よほどの顔をしていたのでしょう。同僚の先生が上記のような事を話してくれたのは、うちひしがれたボクの顔を見てのことだと思います。こわばった顔を和らげようという気持ちでしょう。


そして、家に帰ってみると・・・


見慣れない一つの手紙が。


前に在籍していた塾の生徒からの手紙でした。みんなで書き寄って、同僚講師に託してくれたのでしょう。


中には、


合格できたのは先生のおかげです。
正直、宿題は多いし、苦手な先生やったけど、入試直前になってありがたさがわかりました。


などなど、長文が・・・
・・・泣いてしまいました。間違っていなかったんだなと。自分の教授法に自信はあります。けれど、限られた時間の中で質を優先させるのか、それとも量を優先させるのか。クラスによって、教えるべき内容に手心を加えるのか、そういった事に本当に悩んだ一日でした。


・・・が、この手紙を読んで、今まで通りいこうと決めました。そうやな、正答率をアンケートとって、間違いの多いものを重点的に解説するというようなスタイルに変えるぐらいのことはするけれども・・・


・・・ということで、なんだか嬉しい一日でした。

再会



実は・・・塾をかわることになりまして、現在、研修やら模擬授業やらの準備で大忙しです。ボク自身、個別指導という形態に疑問と行き詰まりを感じたのが大きな原因です(あくまで、ボクが関わる場合、という限定です。なにも否定しているわけではありません。念のため)。


まぁ、その辺りの詳細はまた後日書くこともあるかもしれません。


本日は3コマ。まだまだ大学合格の為に頑張っている生徒の為に、あえてセンター試験の問題を(しかも90年代の)解いています。最近、つくづく思うのが、


ある程度解ける


事の危険さです。特に現代文の場合は、本当に、


ある程度解ける


んです。けれど、その「ある程度」が曲者で・・・例えば、数学なんかで、


公式はうろ覚えだけれど、なぜか正解した


ということはほとんどないと思います。


・・・が、現代文はそれが当てはまります。


なんだかよくわからないけれど正解したからまぁいいや


というもの。これが一番の落とし穴で・・・それも徐々に書いていければと思っています。


本日は授業終了後にゲストが。高校二年まで塾に在籍した女の子です。薬学部志望なのにも関わらず、文系のボクが担当講師となり、カリキュラムを作っていました。まだボクはその頃、英語の講師になりたくて、英語教育には絶対の自信をもっていましたから、学校で使っているテキストをリストアップさせ、出来る限り授業とリンクさせる形で無駄を省けるようにカリキュラムを作成しました。


英語の授業でも、ことこまかに、これが他動詞で、これが目的語で、そのあとに前置詞、名詞が来ているから、動詞に係るのかそれとも直前の目的語にかかるのかといったことを指導してきました。


それに対して、彼女は


そんなことしなくたって読めますよ


というのが口癖でした。


そんな彼女が本日訪ねてきて、医学部に志望を変更したこと、あと一年頑張ることを聞きました。その時に、


あの時はああ言ってましたけど、今になって先生の言ってたことの大切さがわかりました。


と言ってもらえました。そんな言葉が聞けることが、講師をやっててよかったなと本当に思う一瞬です。是非ともあと一年、苦労があると思いますが頑張って合格してもらいたいものです。

小論文について その2


本日は2コマと生徒の自習対応でした。


昨日も書きましたが、この時期は生徒の作文や小論文を添削する機会が多いです。毎年見ていて思うのは、


きちんと書き直しをする生徒が合格する


ということです。


今の塾に来て3年になりますが、初年度に受け持った生徒は大学受験生の女の子で、教育大学に行きたいとのこと。塾では苦手な物理を学習していたのですが、センター試験で失敗。二次試験を頑張る為に小論文の授業をとったようです。ボクはそんな情報は全く知らなかったのですが。


授業で、時間を計ってなんとか形を整えたのですが、いざ添削しようとすると、なかなか論文の体をなしていない・・・具体的な訂正箇所を指摘し、書き直しを要求すると、なんとその日のうちにもってきました。再び添削をして、書き直しを要求すると、次の日の授業でも持ってきました。


授業中には他の問題をやってもらいながら、その間にボクが昨日の書き直しの添削。四度目の書き直しを要求し、書き直しをしている間に、授業中にやった2題目の問題をボクが添削。2題目も訂正箇所を指摘すると、その日のうちに書き直して持ってきました。そんなこんなで添削を続けていると、赤本に掲載の過去問題は全てやり尽くしたので、彼女は学校の資料室で過去の赤本からコピーをしてきました。


彼女のこの粘り強さには本当に頭が下がります。ボクは彼女に対して要求したのは具体的な書き直しだけ。締め切りなどは一切指定していません。全て自主的にやった結果、見事に合格しました。


二年目は大阪府の公立高校の総合学科に受験する男子生徒の小論文を添削することになりました。彼の志望校の場合、5科目+小論文だったので、先の高校生程は頻繁に書くことが出来ませんでしたが、それでも一日に一問は取り組んでいました。そして見事合格。


小論文の上達のコツは何かと問われれば、やはり


徹底した書き直し


でしょう。一本、完璧なものを作ることができれば、二本目、三本目は比較的楽になります。一本目の書き直しの時点で、身をもって「書き方」がわかっているからです。


大阪府の前期試験はもうすぐそこに迫っています。受験生の皆さんは頑張ってください。来年受験の2年生は志望校で論文試験が課されるのであれば、信頼出来る先生を一人でいいから探してください。そして粘り強く小論文に向き合ってください。

小論文の添削

■本日も3コマ。この時期は、高校入試を間近に控えた生徒たちの小論文や作文を見る機会が増えてきています。


そうした中で、一人の生徒が気になって仕方がありません。・・・あ、男子です、念のため。彼は塾全体のムードメーカーであり、喜怒哀楽の中でも、特に、「喜」を全身から発する子で人気者です(ただ、その人気は「彼がすることだからしょうがないか」という危うさの上にたっているのも事実ですが、まぁ、それはさておき)。


その彼が、小論文の授業になると、とたんに「喜」を押さえ込んでしまうのです。宿題は当然の如くやってこない。なぜやってこなかったのかと聞くと、宿題の指定箇所を書いた紙をなくした、ノートを家に忘れたなど、あの手この手でやってこなかった理由を説明しだします。


それだけ説明出来るのであれば、逆にできるだろう・・・とボクは思うのですが・・・


あげくの果てには筆箱を忘れる始末・・・


一体、何をしにきたんだ!


と一喝し、


今日の授業は何を用いれば良いのか、
一週間前に出た宿題をいつまでに仕上げるのか
そして、その宿題の採点は誰がどのようにするのか


などなど、全て具体的に説明するように指示を出して、授業を進めました。そして、授業後ボクのところにもってきた答案を添削してみると・・・


誤字脱字だらけ・・・


そのとき、すでに彼の姿は塾にはありませんでした・・・はぁ・・・どうするんだ、K君・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

night1110

Author:night1110
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
QRコード
QRコード