国語科研修会

先日、塾で春季講習会に向けての会議が開かれた。

通常、ボクが働いている塾では、
講習期間前に全体の会議、
テキストの受け渡し、
および教科の主任によるねらいの説明がなされる。

今回は、教科主任が変更になったため、
全体会議よりも少し前に集まって、
国語科の研修会が開かれた。

春季講習の国語で扱うのは、文法。
題材がころころ変わるわけではないので、
ある一定の教え方を身につけさえすれば、
汎用性のある分野。

ただし、その「一定の教え方」が難しい。
また、生徒にとっては文法なんぞというものは


more...

スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

2010冬期講習 古文

冬期講習があと中学受験生を残すのみとなった。

中学三年生は五コマ。
毎回、私立高校の入試問題を一年分解く。

・・・とはいえ、一コマ60分なので全てを解説しきることはできない。
秋期講習の古文講座は任意講座なので、
冬期講習では必然的に古文がメインとなる。


more...

theme : 日記
genre : 日記

冬季講習の準備

通常授業が終わり、冬季講習の教材が配布された。
ボクが冬季講習で受け持つのは、

中学三年生 1クラス
中学二年生 3クラス
中学受験生 1クラス
小学六年生 1クラス

普段、中学三年生は三クラスもっているのだが、
授業のコマ数および時間帯と教室移動の問題で一クラスになった。
ボクの代わりに受け持ってくれる先生は、
たびたびこのブログでも登場するH先生。
信頼がおける…どころか、さらに一歩上の授業をして頂けることだと思う。

さて、冬季講習の場合、
中学三年生は入試問題の過去問を用いての授業となる。

「予測」で読解に強くなる!

「予測」で読解に強くなる!

価格:798円(税込、送料別)


more...

theme : 日記
genre : 日記

中学三年生 古文講座 現代語訳の前渡しの是非 その2

中学三年生の古文読解の授業で、

現代語訳の先渡し

をすると前回書いた。
その第一の目的は、

苦手意識を取り払うため。

ただ、だからといって、それだけではない。
訳を事前に読んでから問題を解くのは
誰でもできる。
(…と言いきれない層の生徒もいるが…)

苦手意識が取り払われたとしても、
次の不安が出てくる。

本番では訳は配られない。

…当たり前である。

どんなに素晴らしい教材であっても使い方が大切となってくる。
現代語訳というのはカンニングを推奨しているようなもの。
「健全な」中学生であれば、

本番できちんと解答できるのだろうか

という不安にさいなまれるはず。
(これもまた、「健全な」中学生とは言い切れない層の生徒もいるのだが…)

それを解消するためにも「分析」が必要となってくる。
「分析」といっても大層なものではない。
ボクが授業で行っているのは次のような流れ。


more...

theme : 日記
genre : 日記

中学三年生 古文講座 現代語訳の前渡しの是非

土曜日に開講していた古文講座も無事終わった。
秋季講習と銘打たれたこの講座は、
複数の教室合同で授業をする。
必須というわけではなく、
受講希望者を募って、有料で実施するというもの。

普段授業を受け持っている生徒ならともかくも、
秋季講習でしか会わない生徒というのもいる。

そうした生徒に満足と今後の指針を与えるために、

基礎的な単語および文法の確認
読解の学習指針

を示すこととした。


more...

theme : 日記
genre : 日記

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

night1110

Author:night1110
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
QRコード
QRコード